ひかみCAPへようこそ
カテゴリ別最新ニュース
ひかみCAP連絡先
シンプルカウンター
今日 22
昨日 18
総数 95106
ピックアップ画像
2010/1/10気持ちのワーク 1 2010/1/10気持ちのワーク 22 2010/1/10気持ちのワーク 28 2010/7/31西小学校夏祭り
スポンサーサイトへようこそ
投稿者 : okada 投稿日時: 2013-05-19 (1061 ヒット)

 【ひかみCAP通信第25号】   2013年5月5日(日) 

 
春かと思えば、寒くなったり、また暑くなったり。子どもの日を迎え、やっと新緑の気持ちの良い季節となりそうですね。
 
 季節とは裏腹に、メディアでは、悔しい、悲しい虐待の事件が後を絶たない状況です。今もまだまだ、子どもの人権には、理解が得られず、人権侵害がそこここで行われています。
 
また、スポーツ界でも、体罰が大きく問題視されていますが、日本では体罰はある程度は仕方がないとされる風潮があるため、禁止することがとても難しい状況です。
 
教師を目指す学生にアンケートをとったところ、体罰経験者は、体罰未経験者に比べ、3倍以上の割合で体罰は必要と答えました。体罰が体罰を生む、連鎖が起こりやすい状況です。ひかみCAPで、中学生の保護者・先生にCAPwsを行なったときも、容認される意見がありました。
 
そんな中、体罰なしで高校のサッカー部を日本一に育てられた先生がおられます。広島の高校サッカー部の先生です。体罰はいらない。体罰することによって、人に言われなきゃ動けない指示待ち人間になったり、スイッチを押されないと動き出さないという悪影響につながる。と、言われています。そして、指導としては、見守る・我慢するということが大切なようです。それによって、子どもたち自らが考え行動し、先生が言いたいことも子どもたちから出てくるということです。うまくいっている学校・家庭では体罰・虐待は必要ないということです。こんな、おとなを目指して日々過ごしたいですね。
 
今、メディアでも、体罰については大きく取り上げられています。今がチャンス!暴力のない社会を目指して、声を大にして、伝え続けましょう!!
 
 
[CAPのひろば]「エンパワメント」その2
 
前号でエンパワメントは、「一人では難しいかもしれない」と、お伝えしましたが、とても良い方法を見つけました。自分への「褒め日記」です。普段から、毎日人に褒めてもらえることはないかもしれません。でも、自分で褒めてエンパワメントすることもできます。日記にして、文字にするとさらに勇気や元気が湧いてきます。この褒め日記にもコツがあります。ネガティブなことは書かないことです。どうしても、「今日、これはできなかったけど、明日はがんばろう!」などと書いてしまいがちです。良いことのように思いますが、これは書かない方が良いようです。今日したこと、今日できたことを褒める。些細なことでOK!そして、続けることがコツです。3週間ほどすると、その効果は出てきます。ポジティブな考えが生活を覆ってくれるようになるでしょう。一度、お試しを!
 
 
(ひかみCAPの目指すところ)
 
子どもをはじめとするすべての人が、安心して、自信を持って、自由に選んで生きていける社会を目指します。
 
 
〈会員のつぶやき・・〉
 
 毎日、幼稚園の園児と遊んでいます。
 CAPの研修や安心・自信・自由は園児たちと接する時に、とても役に立っています。特にケンカをした時、自分の思いを伝えること、相手の思いを聴くことに、主眼をおいて園児たちに、実践してもらいます。 なかなかうまくいかないときもありますが、こちらがすぐに判断をくだすことは避けるよう、気をつけるようになりました
 
 
[活動報告]
6月7日 大沼えり子さん講演会
6月12日 ミーティング
6月13日 市同教 社会教育部会
6月17日 気持ちSTATION
7月10日 ミーティング
7月28日 丹波地区人権・同和教育研究大会
8月1日 市同教 就学前部会 CAPおとなws
8月8日 市同教 小学校部会 CAPおとなws
8月9日 市同教 中・高校部会 CAPおとなws
8月22日 市同教 社会教育部会 CAPおとなws
8月27日 市同教 PTA部会 CAPおとなws
9月4日 ミーティング
9月20日 山中信彦さん 講演会(市同教)
9月26日 地域づくりプロデューサー養成講座
9月29・30日 兵庫県人権教育研究大会(上郡町)
10月2日 ミーティング(あしなが育英会 寄付決
11月3日 CAPスペシャリスト資格更新研修会(西宮市)
11月5日 三輪小学校 CAP子どもws
11月13日 ミーティング
11月28日 bouzu cafe
12月4日 ミーティング
12月8日 丹の里人権フェスティバル
12月12日 市同教 社会教育部会
12月17日 CAPスペシャリスト資格更新研修会(宝塚市)
12月27日 bouzu cafe
2013年1月22日 小川小学校 CAPおとな・子どもws      ミーティング
2月12日 ミーティング
2月22日 豊田庄吾さん講演会
2月24日 上野美代子さん講演会
3月12日 ミーティング
3月13日 地域づくりプロデューサー養成講座
3月20日 地域づくりプロデューサー養成講座 
3月27日 哲学カフェ
4月9日  ミーティング(新年度 あしなが育英会 寄付決定)
5月5日 ひかみCAP通信第25号 配信
5月14日 ミーティング
5月16日 市同教 総会
6月18日 市同教 社会教育部会                                                                                      


投稿者 : okada 投稿日時: 2012-07-05 (1181 ヒット)

 

【ひかみCAP通信第24号】   2012年6月4日(月)発信者;ひかみCAP

みなさま、こんにちは!丹波新聞(随分前になりますが・・)、またはひかみCAPホームページを ご覧いただけたでしょうか?

今回、ひかみCAPの活動が認められ、『平成23年度ひょうご子育て応援賞』を受賞しました!丹波市で唯一の受賞団体として、神戸まで授賞式に行ってまいりました。10年以上の活動の中認められた団体もある中で、5周年の良い記念となりました。これを励みに、また一歩ずつ進んでまいりたいと思います。

HP(「ひかみCAP」で検索いただくとすぐヒットします。http://cap.hikami.net/ パソコン用)を、ぜひごらんくださいね。 

 

[CAPのひろば]『エンパワメント』

CAPの柱の二つ目として、大事にしていることです。最近、いろんなところでこの言葉を耳にするようになってきました。とても嬉しいことです。ただ、意味の理解が違って使用されていることも多く、悩ましく思うこともあります。エンパワー、エンパワメント、どちらも、人間が元々生まれた時から持っている力を引き出し、伸ばそうとする力のことを言います。女だから、子どもだから・・と、社会的弱者とされている者が、「学習し力をつけていく」ということとは、少し意味合いが違ってきます。どんなことでも、学びによって、いろんな能力が伸びていきますが、無理に力をつけていくということではありません。それぞれが持っている長所や強みを、さらに伸ばし生かしていこうという考え方です。それがいずれは、苦手なことの克服にもつながることもあります。また、一人でエンパワメントということは、難しいかもしれません。誰かとお互いにエンパワメントし合うことによって、相乗効果が現れることが多いようです。家族・友人・仲間・地域で、エンパワメントしてまいりましょう!自然界からエンパワメントされることも、もちろんあります。

 

 (ひかみCAPの目指すところ)

子どもをはじめとするすべての人が、安心して、自信を持って、自由に選んで生きていける社会を目指します。

 

〈会員のつぶやき・・〉

コンビニの入口で鉢合わせになった若いお兄ちゃんは先に出てきて、私が入るまでドアを開けてくれていました。コープでお金を降ろそうと前の人を待っていると「お先でした」と声がかかりました。

 「当たり前」ですか?

最近私が意識していることのひとつです。

立て続けにこの経験をした後、できていたかなあ・・・と自分を振り返りました。(苦笑い)譲り合ったり、相手を気遣ったりできる毎日を過ごしたいと思います。日々の余裕が大切ですよね(^^)     

    にっこり族でいたいともちゃんより

 

[活動報告]

 

2月1日 小川小学校 おとな・子どもws

2月7日ミーティング

2月8日 公開CAPおとなws西小学校 

2月15日 西小学校 子どもws

2月12日 気持ちSTATION

2月21日 「ひょうご子育て応援賞」授賞式

2月28日 丹波市男女共同参画研修会

3月4日 気持ちSTATION

3月6日 ミーティング

3月9日 平沢安政さん講演会

3月14日 哲学カフェ

4月8日 気持ちSTATION

4月10日 ミーティング

4月25日 坊主カフェ

5月8日 ミーティング

5月20日 気持ちSTATION 

 

その他、適時プログラム練習・広報活動をしております。

 

〈会員募集中〉

 

事務局 TEL/FAX 0795−82−3546

Mail アドレス cap@hikami.net

ひかみCAPホームページ http://cap.hikami.net

 

「ひかみCAP通信」担当 大西ひろ美

 

 


投稿者 : okada 投稿日時: 2012-01-23 (1476 ヒット)

【ひかみCAP通信第23号(5周年記念)】  2012年1月15日(日)

発信者;ひかみCAP

 ひかみCAP5周年の今年度、記念公開CAPおとなwsを通して、新たな出会いに感謝しつつ歩み続けております。 
私自身CAPと出会い10年になります。この間、ささやまCAPでの活動・ひかみCAP準備会の立ち上げ・グループ発足と一歩ずつではありますが、前へ進むことができ感謝しております。これも、皆様の温かいご支援のおかげと、心よりお礼申しあげます。

メンバーも増え、それぞれのスキルも活動と共に 年を追うごとに高まり、喜びを感じております。また、他グループも立ち上げ、元気に活動しているメンバーもいます。CAPから大きく広がりつつあることに嬉しくもあり、活動メンバーの仕事・家庭等との両立の厳しい面もあり、課題はありますが乗り越えていきたいと思っております。まだまだ新しいメンバーの加入、新風も期待しておりますので、ぜひ活動会員へとご参加ください。 

今、丹波市でFM局を立ち上げようと奔走しているメンバーもいます。地域のFM局は、災害時に大変頼れるツールとなり、私たちを安心へと導いてくれるかもしれません。
また、CAPは心の安全教室でもあり、くり返し大事なことをお伝えできる場となり得ると感じております。ぜひ、ご注目ください。 これからも5年・10年と皆様と共に、喜びを感じ成長していける活動を続けていきたいと思います。今後ともご支援ご協力の程、よろしくお願いいたします。   

[CAPのひろば]『人権意識』 CAPで第1に挙げている柱です。自尊感情も人権意識へとつながっています。人権は、誰もが持っているもので、この人権を『意識』することが、自分を守り人を守ることになります。『意識』がない限り、人権は守られないことが多いかもしれません。普段の生活でどれだけ意識できているでしょうか? 家庭(親にも子どもにも)で、職場で、地域で、この『意識』をもってつながることがとても大切です。
人間には感情というものがあり、いつもいつも『意識』し続けることは難しいかもしれませんが、少しずつ少しずつ常に意識できる状態へと成長していきたいものです。これは、一生かけて成長させていくものかもしれません。そしてそれを語れる人にもなっていくことが広がりをつくり、居心地いい地域をつくっていくことにつながるでしょう。
自分を振り返ると、出来ていない部分も思い当たります。万人へというのは、とっても難しいことですね。『人権意識』が自然に備わっている人間へと、あきらめず成長し、つながっていきましょう。   

 

(ひかみCAPの目指すところ) 

子どもをはじめとするすべての人が、安心して、自信を持って、自由に選んで生きていける社会を目指します。   


〈会員のつぶやき・・〉 

今回5周年を記念し、会員より投稿いただきました。
それぞれの成長や振り返りが垣間見える文となりました。 

『ありがとう キャップと逢い  変われたよ』 豊嶋のぞみ 

『友の声、眩しく聞こえ、振り返る 我が志し、灯続け』 知美 

『安心な、暮らしができる CAPかな』M.T 

『今年こそCAPに一歩 つながろう』  松田亜矢 

『継続は 力なりとは すばらしい』 前川哲和 

『語るより 多くを語られるひとに』 文 

『5周年 新たな歩み 一歩ずつ』(匿名希望) 

『1・17 3・11 思いを重ねて 忘れない』きたむぅ 

『CAPから 心も身体も 安心を』松本ひとみ 

『CAPでつながる 友達の輪』森みどり 

『人権意識 私とあなたの 生きる力』ヒロリン   

メンバー一同、心新たに、歩んでいきましょう!   


[活動報告] 

今年度丹波市人権・同和教育協議会(以降市同教)への加入により、活動の幅が広がり、多方面での人権を考える場を得ることができました。 

5月30日(月)公開CAPおとなws 上久下地域づくりセンター (上久下小学校)   
7日(火) ミーティング 
6月8日(水)上久下小学校 子どもws  
6月1・6・12・13・15・18日 プログラム練習 
6月16日市同教 第1回社会教育部会 
6月18日(土) 公開CAPおとなws (氷上町保育園連絡会)   
6月22日(水)市同教 第1回広報委員会 
7月23日(木)お笑い人権高座 露の新治さん 
6月26日(日)気持ちSTATION 
7月5日(火) ミーティング 
7月10日(日)気持ちSTATION  
7月21日(木)性教育講演会 徳永桂子さん 「第2回人権歴史講座 中尾健次さん  
7月23日(土)兵庫県人権・同和教育研究大会 丹波地区大会 
7月25日(月)気持ちSTATION 被災地の10代の女子にプレゼントを贈りましょう! 
8月2日(火)ミーティング 
8月4日(木)19:30「人権文化をすすめる市民運動」強調月間事業        
人権と平和のコンサート〜沖縄音楽〜南ぬ風人まーちゃんバンド 
8月21日 気持ちSTATION 
8月22日〜27日 どろんこキャラバン(東日本大震災による子どもキャンプ) 
8月26日 市同教社会教育部会第2回 (竹内) 人権講演会 笑福亭松枝さん(大西) 
8月30日 人権公開講座「差別のカラクリを説く」奥田均さん(大西) 
9月6日 栗木剛さん 講演会 
9月6日(火)ミーティング 
9月17日(土)D.V. デートD.V.防止に向けて 
9月22日(木) 人権を考えるつどい 加藤ヒロユキさん 
9月27日(火)第3回人権歴史講座 朝治 武さん 
10月4日 ミーティング 
10月1・2日(土・日)兵庫県人権・同和教育研究大会 兵庫大会(明石市) 
10月20日(木) 市同教 人権教育研修会(社会教育分野)矢持章一さん 
10月22日(土)障がいのある子どものためのCAPプログラムおとなws 徳永桂子さん(三田市) 
10月27日三輪小学校 おとな・子どもCAPws 
11月1日(火)ミーティング 
11月16日市同教 第2回 広報委員会 
11月17日(木)10:00 金香百合さん講演会  
11月20日 気持ちSTATION 
11月21日(月)13:30 徳永桂子さん講演会 「境界線を考える」 
12月3日 気持ちSTATION 
12月4日(日) 丹の里 人権フェスタ 
12月6日(火)ミーティング  
12月18日(日)地域FM局について説明会 
2012年 1月10日ミーティング 
1月12日市同教第3回広報委員会 その他、随時プログラム練習・広報活動をしております。   
〈予定〉 2月1日 小川小学校 おとな・子どもws 
2月8日 公開CAPおとなws(13:00〜14:30)西小学校(どなたでもご参加ください)  
2月15日 西小学校 子どもws 


〈会員募集中〉 事務局 TEL/FAX 0795−82−3546 
  「ひかみCAP通信」担当 大西ひろ美


投稿者 : okada 投稿日時: 2011-05-21 (1604 ヒット)

【ひかみCAP通信第22号】   2011年5月18日    発信者;ひかみCAP

 みなさま、心とからだ お元気にお過ごしでしょうか。
昨年度は、結成4年目にして、目まぐるしい活動をさせていただきました。大きな講演会2大事業も、大成功に終わり、みなさまのご理解ご協力に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 3.11 未曾有の被害を起こした東日本大震災、それぞれのご親戚ご友人等、大変な方もたくさんいらっしゃったのではと、お見舞い申し上げます。ひかみCAPでも、息の長い支援を!と、心ばかりの義援金を「あしなが育英会」を通じて、被災された子どもたちへの支援になればと、送らせていただいております。この丹波市にも避難された方がいらっしゃいます。今自分のできることを考え行動していきたいものです。今までの生き方を見直す大きなきっかけになるかもしれません。

 今年度は、ひかみCAP発足5周年という記念すべき年となりました。これを記念し、5団体へのおとなws無料公募を行いました。応募をいただき、今年度の一つの大きな活動となっております。また、どなたでも参加できる公開CAPおとなwsとしますので、ぜひ足をお運びください。CAPでお伝えしている3つの柱が、まさに大震災への「エンパワメント」と「つながり」を必要としています。ぜひ共に考えましょう。

 1学期 公開CAPおとなws予定
 5月30日(月)午後7:30 上久下地域づくりセンター 
 6月18日(土)午前10:00〜11:30 氷上住民センター(旧氷上公民館)大会議室 (詳しくはパソコンHPにアップ予定です http://cap.hikami.net

今年度より、「丹波市人権・同和教育協議会」にも所属することが決まり、益々活動の幅が広がりそうです。丹波市全体でつながってまいりましょう。

[CAPのひろば] 「気持ちを話す・聴く」

 今被災地で子どもたちはどんな気持ちで過ごしているのでしょう。また、その家族は・・。
復興の兆しが見える反面、未だに何もできないままになっている所も多々あるようです。

地域により様々な問題を抱え、途方に暮れている方がいらっしゃるのも仕方のないことかと思います。こんな時、実際被災地でのボランティア以外にもできることはたくさんあります。音楽の持つ力の大きさも感じているところですが、一番大切なのが、「話し、聴く」ということに、尽きるのではないでしょうか。
 被災地の子どもにとって、話を聴いてもらうことは、大きな不安を少しでも取り除くことに繋がります。『気持ちを話す』これは、不安や恐怖を「離す」「放す」につながるのではないでしょうか。被災された方、ボランティアに行かれ方にも当てはまることではないかと思います。
お互いに、「話し・聴く」ことの大切さを災害を通じて改めて感じております。少しでも光が見える日が早くくることを、祈るばかりです。

(ひかみCAPの目指すところ)
子どもをはじめとするすべての人が、安心して、自信を持って、自由に選んで生きていける社会を目指します。

〈会員のつぶやき・・〉「サラリーマンに戻る」

53歳になり、4月から8年ぶりにサラリーマン生活に戻りました。毎日が新しいことばかりで面白いのですが、いささか勝手が違い気疲れしているのか毎晩テレビの前で寝込んでしまい、今までの生活のリズムが変わったことを身をもって感じています。
皆さんも新年度がスタートし、今までに経験したことが色々な場面で活かされているでしょう。私も将来に向かう糧として全て吸収する意気込みで張り切っていますが悩みも有り、また聴いてください。(前川哲和)

[活動報告]
7月2日(金) CAPプログラム練習
7月3日(土)「市民みんなで考える特別支援教育フォーラム」
7月4日(日) CAPおとなws 公開講座 青垣住民センター(主催)
7月4日(日) 「気持ちSTATION」(共催) 
7月6日(火) CAPミーティング
7月10日(土)プレゼンテーション能力をつける 川端美智子さん(三田)
7月11日(日)「子育ち・親育ち、育つ喜び、育てる楽しさ」汐見稔幸さん講演会
7月17・18・19日 多様性トレーニング・ファシリテーター養成講座 森田ゆりさん(宝塚)
7月23日(金)「丹波市人権ゆかりの地に学ぶ」講座「氏子除外の意味するもの」垣内宏之さん
7月24日(土)オンナとオトコだけ? 川西寿美子さん(三田)
7月31日(土) 西小学校での「ふれあい夏まつり 2010」にメッセージブースで参画!
8月3日(火)CAPミーティング
8月7日(土)家族をめぐる諸問題 加藤伊都子さん(三田)
8月20日(金)人権公開講座 「食文化と差別」を考える 吉村智博さん
8月21日(土)かどのふれあい教室発表会
8月26日(木)CAPミーティング
8月27日(金)水谷修さん講演会
8月29日(日) 「気持ちSTATION」(共催)
9月4日(土) 森田ゆり講演会(主催)
 『話してくれてありがとう。気持ちを引き出す関わり方』
9月7日(火)CAPミーティング
9月17日(金)京都の近代と朝鮮人労働者 水野直樹さん
9月23日(木)「気持ちの本」を使った〈気持ちワークショップ〉養成講座 
森田ゆりさん(宝塚)
9月23日(水)人権ツアー 水平社博物館(奈良)
9月24日(金)「丹波市人権ゆかりの地に学ぶ」講座フィールドワーク(市内ゆかりの地)
9月30日(木)「芸能と部落問題」について 村上紀夫さん
10月5日(火)CAPミーティング
10月19日 メディアからみた現代社会 荻野祐一さん
10月20日 CAPプログラム練習
10月23日 市民総がかりですすめる丹波の教育フォーラム
10月24日(日)「気持ちSTATION」(共催)
11月2日 CAPミーティング
11月5・8・15・17・22・24日CAPプログラム練習
11月10日(水)子どもの人権を考える研修会神戸新聞坂口記者を囲んで(共同主催)
  『〜暴力からは何も生まれない〜 児童虐待事案から考える「自己肯定感」の重要性』
11月21日 丹波地域教育フォーラム 
11月25日 小川小学校 CAPws(おとな・子ども)
11月28日「気持ちSTATION」(共催)
12月4日 丹波市人権・同和教育研究大会 中倉茂樹さん講演会と分科会
12月4日 丹波市人権フェスティバル バイマー・ヤンジンさん公演会
12月7日 CAPミーティング
12月7・15・22・26日CAPプログラム練習
12月19日 「気持ちSTATION」(共催)
2011年
1月5・10・11日 プログラム練習
1月12日進修小学校 CAPおとなws
1月13日進修小学校 CAP子どもws
1月18日CAPミーティング
1月21日 丹波市ユースアドバイザー養成講習会?
1月23日 プロップステーションの挑戦 竹中ナミさん
1月28日 親子のコミュニケーションが子どものいのちを救う 寺谷一紀さん
2月2・8・16・21・25日 プログラム練習
2月6日 私OKあなたOK 自分を尊重する気持ちを大切にしよう 金香百合さん
2月9日 子どもの里山あそびマリオ先生と遊ぼう 春日町マリオさん
2月11日 親と子のかかわり方教室 子育てのやさしい心理学 
2月20日 多文化共生フォーラム
2月21日 3/4 おとなCAPwsのチラシ配布(春日地域 新聞折込・小学校)
2月25日 CAPおとなws 丹波市ユースアドバイザー養成講習会? 
2月25日 人権ファシリテーター養成講座・ステップアップ講座(福知山)金香百合さん
3月4日 CAPおとなws 公開講座 丹波市立老人福祉センター三尾荘(主催)
3月6日「気持ちSTATION」
3月16日 西小学校 おとな・子どもCAPws
3月17日 ひかみCAP発足5周年記念 CAPおとなws5団体無料公募
3月22日 丹波市ユースアドバイザー養成講習会
〈予定〉
5月30日(月)午後7:30 公開CAPおとなws 上久下地域づくりセンター  主催上久下小学校PTA
6月8日(水)上久下小学校 子どもws 
6月18日(土)午前10:00〜11:30 公開CAPおとなws 氷上住民センター(旧氷上公民館)大会議室  主催氷上町保育協会保護者会

〈会員募集中〉・活動会員・賛助会員を随時募集しております。詳しくは下記までお問い合わせください。丹波市をひかみCAP会員で埋め尽くし、災害時にも共に安心な地域を築いてまいりましょう。

(ご意見・ご感想をお寄せください)ひかみCAP通信へのご意見・ご感想をお待ちしております。どんなことでも、お聞かせください。このまま返信できます。または、ひかみCAPメールアドレスまでcap(アットマーク)hikami.net

事務局 TEL/FAX 0795−82−3546(大西まで)
(留守電の場合、お名前と連絡先をお願いいたします)
Mail アドレス cap(アットマーク)hikami.net または、prhpf038(アットマーク)ybb.ne.jp
ひかみCAPホームページ http://cap.hikami.net
「ひかみCAP通信」担当 大西ひろ美
 


投稿者 : okada 投稿日時: 2010-07-02 (1718 ヒット)

【ひかみCAP通信第21号】  
2010年7月1日(木)   発信者;ひかみCAP

 梅雨空が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 新年度も3ヶ月が経ち、それぞれに新しい生活が軌道に乗りかけた頃でしょうか。

 昨年度は、2010年1月に、CAPを日本に伝えられた森田ゆりさんをお招きし、地域の皆様と共に1日研修ができましたこと、このうえない喜びでした。皆様には、大変お世話になり、ありがとうございました。

その後、子どもとの関わりで、「あの講座に行っておいてよかったぁ。子どもがくじけそうな時、気持ちを助けながら表現させることによって、乗り越えることができました!」という、とっても嬉しいお話を聞かせていただきました。私たちひかみCAPにとって、活動冥利に尽きるお言葉でした。

 前回の講座は定員があり、たくさんのお断りをしなくてはならず、心苦しい思いが残っております。ぜひ、また機会を!というお声もいただいておりました。

そこで!引き続き今年度も森田ゆりさんの講演会を企画しました!!今年度はひかみCAP単独主催で、約2時間の研修です。時間もコンパクトになり、参加しやすくなるのでは・・と大変期待しております。

 前回参加された方も、参加できなかった方も、ぜひご参加ください。子どもの気持ちを引き出し、エンパワメントな関わりの中で、のびのびと生活できる子どもをまた1人増やせるよう、森田さんから智恵と技術を学びましょう!

 この他、今年度ひかみCAPでは、みなさまに子どもの人権についてもっと関心をもってもらうために、地域に向けてさまざまな情報を発信します。どうぞ、私たちの思いを受け取っていただき、学びの場を増やしてください!(詳しくはお知らせ欄で↓)

 

[CAPのひろば]『自尊感情』

CAPのwsの中でも、とても大切にしている「自尊感情」。

セルフエスティーム、自己肯定感とも言われ、心理学の世界ではよく使われる言葉です。


先日TV番組でこの自尊感情を高めるためのひとつ、「ほめる」に視点をおいての話がありました。

バスケットボールをしている同レベルの子どもをA・B、2チーム(10人ずつ)に分け、毎日フリースローの練習をした。Aチームには「8本も入れて凄いな!」と、できていることをほめて指導。Bチームには、「2本も失敗してだめじゃないか。」と、できていないことに視点をあて指導。1ヶ月経つと、確率に大きな差が表れた。という話でした。もちろん、Aチームの確率が上がったということです。

 これは、「賞罰の原則」(心理学用語)と言われ、人は「嫌なことは忘れる。嬉しかったことは覚えている。」ということです。いくら叱っても、子どもは覚えていません。覚えて伸びて欲しい思いからであれば、ほめる視点での言葉がけが、とても有効だという証明でもあります。

 子どもの自尊感情だけでなく、おとなも自尊感情は高めたいですよね。お互いに、いいところに視点をあてて、育ち合いましょう!

(ひかみCAPの目指すところ)

子どもをはじめとするすべての人が、安心して、自信を持って、自由に選んで生きていける社会を目指します。

 

〈会員のつぶやき・・〉

TVや新聞記事の人権に関わることがよく目につくようになった。CAPに出会い、“人権という言葉”が私の意識の中でだんだんと身近になってきているからだと思う。★実は、CAPのミーティングの中で知らない言葉が出てくる事がある。知らないと言えず帰りの車で知ったかぶりの自分にうんざりし、帰ったら調べようと思う。しかし、帰っても調べずに、布団の中で思い出すが、眠ってしまう・・・★7月に初めてCAPの研修に参加する。チャンス!この3日間は知らない言葉が頭の中をグルグル回らないように最近ご無沙汰の予習をして臨もう。人権との距離をもう少し縮めるために。(H.M)  

(知らなかったぁ・・。いつでも気軽に聞ける空気をつくらなくてはいけませんね。研修がんばってください!)

 

新しく始まりました!「気持ちSTATION」より

 

森田ゆりさんの「気持ちのws」をきっかけに、みんなで気持ちを語り合う場所を!と、毎月開催を目指して始まりました。基本1日開催ですので、ご都合の良い時、どうぞお立ち寄りください。

お茶を飲みながら、私のこと、子どものこと、世間のこと・・・自然体でお喋りできれば嬉しいです。気持ちを話せば、心がまぁるくなることを、みんなに知ってもらいたいなと思っています。

(世話役 北村)(詳しくはお知らせ欄で↓)

 

 

《耳よりなお知らせ》ひかみCAP主催・共催事業(2010年度)

(みなさまのご参加お待ちしています。ご友人とお誘い合わせ、ぜひお越しください!)


7月4日(日) CAPおとなws 公開講座  10:00〜12:00 

青垣住民センター(丹波新聞にも掲載されました 7/1付)

7月4日(日) 「気持ちSTATION」4 13:00〜16:30 青垣住民センター

7月31日(土)16:00〜 西小での「ふれあい夏まつり 2010」にメッセージブースで参画!ひかみCAPにとっては、初めての試み。CAPを学校に導入していただき7年になります。wsの様子などの展示物と、気持ちに関わるWS体験、来店の記念に手作り栞等プレゼント!どなたでも参加できます。ぜひ楽しみに来てください!

8月29日(日) 「気持ちSTATION」5 9:30〜16:30

9月4日(土) 森田ゆりさん講演会 「話してくれてありがとう。気持ちを引き出す関わり方」(仮)13:30〜16:00 丹波の森公苑多目的ルーム(ひかみCAP主催)

10月2日 CAPおとなws 公開講座 

14:00〜16:00 (氷上町会場未定)

10月24日(日)「気持ちSTATION」6 9:30〜16:30

11月10日(水) 神戸新聞坂口記者を囲んで 「子どもをめぐる厳しい社会状況」


11月27日(土)「気持ちSTATION」7 9:30〜16:30

(時間・場所未定は後日ひかみCAP HP等で)

 

[活動報告]

2009年

11月29日 ☆ひかみCAP☆ birthday交流会 

12月10日  小川小学校 おとな・子どもws

19・20日 森田ゆりさんの「アサーティブネス研修トレーナー養成講座」(宝塚)

 


2010年

1月10日(日)9:30〜17:00

『森田ゆりさんの「気持ちのws ファシリテーター養成講座」』(ささやまCAPとの共同主催)

定員60名を超える募集(約100人)があり、1日研修でしたが活気に溢れていた!


1月12日 プログラム練習

  16日 LD・ADHD理解のための基礎と実践講座

  19日 ミーティング

  20日 森田ゆりさんの「メンタルヘルスと人権」研修会(西宮)

  21日 丹波地域子育て支援研修会 CAPおとなws(柏原公民館・県民局協働課主催)

  22日 丹波市男女共同参画推進リーダー養成講座?

  24日 「不登校・ニートをめぐる青少年の現状」

  29日 丹波市男女共同参画推進リーダー養成講座?

  31日 森田ゆりさんの「リーダーシップをみがくコーチング研修」(西宮)

2月11日 気持ちのws研修会(世話役ひかみCAP) 

  14日 子どもへの性的虐待対応の実践的スキル+揺さぶり症候群 森田ゆりさん(西宮)

  19日 プログラム練習

  25日 西小学校 CAPおとなws

3月 2日 西小学校 CAP子どもws

  16日 アサーティブネス研修(守口市・高崎幸子さん)

  16日 ミーティング

4月 7日 ミーティング

     21日 ミーティング

  25日 「気持ちのwsを考える会」(世話役ひかみCAP)

5月 6日 ミーティング

  23日 「気持ちSTATION」1(名称変更)(ひかみCAP共催)

  25日 ミーティング

  26日 ミーティング

  29日 「気持ちSTATION」2(ひかみCAP共催)

6月6日 岩城敏之さん講演会 

  8日 ミーティング

  10日 家田荘子さん講演会(丹波市「人権文化をすすめる市民運動」推進大会)


  17日 プログラム練習 

  19・20日 森田ゆりさんの「ファシリテーターのスキル研修」(宝塚)

  26日 「気持ちSTATION」3(ひかみCAP共催)

  

 

〈予定〉

7月2日(金) プログラム練習

7月6日(火) ミーティング

 

[講演会等お知らせ]

7月3日(土)14:00〜16:30 春日文化ホール

「市民みんなで考える特別支援教育フォーラム」ー学ぶ、楽しむ。住む、働く。−

テーマ 毎日の暮らしを支える特別支援教育とは5人のパネラーによるフォーラムです。


あの、大平光代さんがパネラーで出演されます。大平さんは、「だからあなたも生きぬいて」「今日を生きる」の著者であり、元大阪市助役。現在丹波市在住。

小中の保護者には、チラシが配布されたと思います。詳しくはそちらをご覧下さい。

 

7月11日(日)13:30〜 柏原公民館A会議室

「子育ち・親育ち、育つ喜び、育てる楽しさ」〜みんなで子育てを支え合うまちづくり〜


講師:汐見稔幸さん

 

 

〈会員募集中〉

只今、活動会員11人 賛助会員11人 CAPがさらに広がることを願っています。ぜひ、お友だちをご紹介ください。

 

事務局 TEL/FAX 0795−82−3546

 

「ひかみCAP通信」担当 大西ひろ美
 


(1) 2 3 »
[ ホーム http://cap.hikami.net ] [ お問い合わせ ] Copyright(C)2007 ひかみCAP